スマホに関する事を知りたいならこのサイト

>

スマホゲームの始まり

正規店

メリットとしてあげられるのが「Appleの製品保証またはAppleCareが適用できる」ことです。
他にも「リコール対応が可能」「修理部品も純正品を使用しているため品質がいい」ということがあげられます。
部品と正式にAppleから渡されている部品を使うので、交換された部品は新品と同じ品質を受けています。
また反対にデメリットとしてあげられるのは「iPhone使用者に対して店舗数が少ないため平日でと混雑している」「修理の時は初期化前提で作業が進められる」ということです。
iPhoneの故障具合によって異なりますが、パーツがあっていなかったりすると初期化をして動きを確かめる必要があります。
正規店での修理の際は念の為バックアップをしておきましょう。

非正規店

非正規店で修理をうけるメリットとしてあげられるのが「データを消さないで修理ができここでしかできない修理がある」ということです。
「ボタンが反応しない」という事で、修理がしてもらえるのは非正規店だけです。
「3年以上経っているiPhoneバッテリー拡張」をするのも非正規店だけが可能です。
あと考えられるのが「正規店にくらべて修理が終わるまでかかる時間が早い」ということです。
デメリットにあげられてるのが「Appleでは改造品の扱いになり修理に使われるパーツの状態が違う」ことです。
非正規店で修理を受けた場合iPhoneはApple社としては、改造品として扱われます。
お使いのiPhoneやAppleCareなど1年の保証期間にあるときは、この後Apple純正の保証サービスが受けられなくなります。


この記事をシェアする
▲ PageTop