スマホに関する事を知りたいならこのサイト

>

実は壊れたスマホは売れるんです

壊れたスマホが売れる理由

壊れている携帯になぜ値段がつくのか。
画面が割れていたり、携帯の一1部分が壊れている場合は修理可能なお店であれば、直して再度売り出すことが可能です。
壊れた携帯を安く仕入れ、綺麗に直すことが出来たら、高い金額で売却することが可能です。
なので、お店としての事業の一環にしてもいいと思います。
スマホ再利用して使用することができるのは修理画困難な場合でも可能です。
分解をし、使えるパーツを外し、交換用の部品ストックとして保存が可能です。
修理用パーツがあまり出ていない機種も多くので、中古やジャンク品の携帯であっても全然使用価値があるものです。
買い取りは、全壊したスマホでは買い取りできません。
部分部分の破損や壊れが買い取りできます。
ダメだと思い込みや自己判断はせず、1度問い合わせしてみましょう。

壊れた画面を直す方法を3つ紹介します

治す方法としては主に「メーカーに持っていく」「修理専門のショップに持っていく」などの方法です。
メーカーに持っていく場合、月額有料オプションAppleCareに入会していれば、2回修理を無料で受けられます。
携帯を持っていく場合、スマホ購入時などに加入できる月額有料オプション「安心パック」などに入っていれば、修理費用が全くかからない又は、一部負担という形で請求されます。
保険などオプションに入っていない場合には、数万円の修理費用全額負担となってしまうのでオプションに入っておく事をおすすめします。
修理専門ショップに持っていく場合、iPhoneの画面は1万円から。
普通のスマホなどの画面修理が5000円から可能となっています。
他の修理方法では1週間ほどかかったりしますが、ショップに持っていくと30分から1時間程度でおわります。


この記事をシェアする
▲ PageTop